おすすめ記事

国内動画配信サービスの先駆け「Hulu」のメリット・デメリットを徹底分析

動画配信サービスhulu、名前は有名だけど実際にはどんなサービスなのか。他社と比べてどんなメリット・デメリットがあるのかは徹底分析します。

概要

huluはアメリカカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置く、ウォルトディズニーダイレクトトゥコンシューマー&インターナショナル傘下の動画配信サービスです。当記事では、そんなhuluを選ぶべきポイントと注意点を考えていきます。

メリット

圧倒的なコストパフォーマンス

Huluの魅力でまず初めに挙げられるのが、全コンテンツが見放題で安いということです。

月額933円(税抜き)となっており、同じ価格帯の他社と比べてこの値段で有料コンテンツなしで見放題というのはメリットといえるでしょう。

見放題作品が多く、有料コンテンツなし

Huluの見放題コンテンツは同価格帯では多いものの、他社と比較してもずば抜けて数が多いというわけではありません。しかしながら、他社のコンテンツには動画以外のサービスも含み計算していることが多く、動画コンテンツのみで60000本以上、見放題コンテンツがあるというのはhuluのメリットといえるでしょう。

豊富なコンテンツ・サービス

昨今の動画配信サービスの例にもれずhuluも独占配信を行っており、その中でも有名なタイトルといえば「ゲーム・オブ・スローンズ」が挙げられます。またオリジナル作品の制作や日テレ共同制作ドラマなども配信しており、huluに迷っているかたはこれらの作品についても調べてみてもよいでしょう。ほかにも、huluには「huluプレミア」というカテゴリがあり、他社では見られない海外ドラマをいち早く視聴することが可能です。このコンテンツは質の高いものが多く、huluを選ぶ際の明確な決め手になることは間違えないでしょう。

さらにhuluには「リアルタイム配信」というサービスが存在します。リアルタイム配信ではTVで個別に契約すると20000円弱する有料チャンネルを追加料金なしで楽しむことが可能です。動画配信サービスにありがちな「いつでも見られるから見るモチベが上がらない」といったメンタルの解消にもなり、このチャンネルを目的とする場合はhuluに即決してもよいでしょう。

トライアル期間あり

Huluには2週間(14日間)のトライアル期間が設けられています。この期間中に機能に制限がかかることはなく、すべてのコンテンツを無料で体験することが可能です。

この期間中にhuluオリジナルコンテンツや海外ドラマなどを視聴し使用を続けるか考えるとよいでしょう。

またトライアル期間のほかhuluに加入していなくともみられる作品があるというのも他社にはない点です。海外ドラマの一話だけという場合が多いですが、ラインナップの確認次いでに1話を視聴するといった形で体験できるのは非常に良いと考えます。

対応デバイスが豊富

iOS端末やAndroid端末はもちろん、PS4,Vita,3DSなどの家庭用ゲーム機にもアプリが搭載されており気軽に利用を始めることができます。もちろんChromecastやAmazonfireTVstickを使えばTVで視聴することも可能です。

またhuluアプリの安定性が高いこともメリットとして挙げられます。途切れたりすることも少なく、画質良好・読み込み早いということもあり非常に快適です。

デメリット

日本語吹き替え対応作品が少ない

Huluは海外ドラマなどのラインナップが豊富ですが、吹き替えがある作品が少ないです。

他社の場合、作品のオプション設定に吹き替えがあることが多いのですが、huluの場合は字幕版と吹き替え版に完全に分かれています。映画など字幕でしか視聴しないという方にはあまり関係ありませんが、吹き替えを流しながら他の作業をしたいという方は自分の見たい作品に吹き替え版があるか確認する必要がありますね。

期間限定配信が多く、配信スケジュールの明記がない

Huluは見放題コンテンツ豊富な反面、配信の入れ替わりがやや激しいです。また、配信終了までの予告アナウンスがないため、シリーズを視聴していたら翌月には配信が終わっていたといったようなことがしばしば発生します。また最新作等は顕著に配信期間が短いいわゆる期間限定配信などもあります。

またシーズンに分かれているドラマなどは1,3シーズン配信中で来月に2シーズン目公開などいわゆる生殺しな配信スタイルをとっており、人によっては気になるでしょう。

いろいろなコンテンツを少しずつ見たいという方には合うかもしれません。

いつまで、といった記載がない

複数デバイスでの同時視聴が不可

Huluは一契約につき一つのデバイスでしか視聴できない方式をとっています。同価格帯ではこの方式が多いため、しいて上げればというデメリットとなります。

また契約プランが一つしかないこともこの場合デメリットとして挙げられます。シェアが目的であれば他の配信サービスを利用するのが無難といえるでしょう。単価がやすいため、huluを利用する場合は利用人数分契約するのが好ましいです。

登録方法

では実際にhuluの登録手順(無料体験おためし手順)について記載します。

1,huluの公式サイトにアクセスし、「いますぐ無料でおためし」をクリック

2,メールアドレス、パスワード、名前、生年月日、支払い方法を選択し、入会するをクリック

以上となります。

他社の動画配信サービスと比べ比較的簡単なステップ回数・登録で利用を開始することができます。無料期間中に解約すれば、無料トライアルのみで終了することが可能です。

解約方法

では解約方法も見ていきます。

1,公式サイトにログインし、右上の顔のようなアイコンから「アカウント」を選択します

2,アカウント画面下部にある「契約を解除する」をクリックします

3,機器のイラストが表示されている画面に移行するので下部の「契約の解除を続ける」をクリックします。

4,アンケートが出てくるので任意で選択・入力します

5,「契約を解除する」をクリックするとその時点で契約が解除されます。

以上となります。解除後もログインを行えば再度契約するをクリックすることによりいつでも利用を再開することが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Huluは価格帯のわりに見放題コンテンツが多く初心者の方も利用しやすいという面がある一方、アナウンスが不親切であったり、見たい作品を一気見できないなどかゆいところに手が届かない印象です。

アニメなどの国内シーズンもの中心の利用かつ、同価格帯であればAmazonプライムビデオでもよいといえるでしょう。海外ドラマや洋画などのコンテンツはhuluの方が豊富なためコンテンツで決める、とりあえずトライアルで利用してみるといった形がよいかもしれません。独占コンテンツの数も豊富なためそれらの中に一つでも見たい作品があればhuluを選ぶとよいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。