おすすめ記事

塊魂ライクな対戦型スマホゲーム「Hole.io」を紹介!意外とはまる面白さについて解説します

概要

Hole.ioとはフランスの「Voodoo社」がリリースした対戦型スマホゲームです。ブラックホールを操り町にある建物やものを吸い込んで大きくする塊魂ライクなゲームシステムになっています。また対戦型であるというのも面白い特徴です。当記事ではそんなHole.ioのプレイフィールや要素を紹介、解説していきます。

ゲームプレイの流れ

Hole.ioには「クラシック」「ソロ」「バトルロイヤル」の3つのゲームモードがあります。まず「クラシック」について画像とともにゲームの流れを説明します。

0,ゲーム開始

ゲームモードを選択しプレイを押すことで対戦がはじまります。

クラシックモード

複数いるプレイヤーの中で制限時間内に最も大きいブラックホールに成長されることが目的です。他プレイヤーはすべてNPCとなります。

1,自分のブラックホールを大きくする

まずは近くのものを吸い込んで自身を大きくしていきます。初期状態で吸い込めるものは人、街路樹、道路のポール、ごみ箱などがねらい目です。一定量吸い込むことでブラックホールのサイズが大きくなっていきます。密集しているアイテムを狙うのがコツです。

2,他プレイヤーを吸い込む

対戦型と銘打っているようにクラシックモードではほかのプレイヤーが存在します。

他のプレイヤーのブラックホールが自分のブラックホールよりも小さければ吸い込むことができます。プレイヤーを吸い込んだ時のポイントは大きく設定されており、プレイヤーを狙っているだけで1位をとることもできます。なお吸い込まれた場合は約5秒でリスポーンすることができます。

3,制限時間いっぱいまで他のプレイヤーよりも大きくなる

あとはひたすら自分を大きくしていきます。ゲームの特性上、ビルを吸い込めるサイズまで成長できればほぼ勝ち確となります。

ソロ

制限時間内に町すべてを飲み込むことが目的です。達成割合に応じてスコアがつきます。クリアはこのゲームにおいて一番難易度は高いと思われます。

クリアのコツ

スタート位置はランダムで始まりますが、建物や公園といった場所は固定となります。ものが多い工事現場や公園の大体の場所を覚えておくことで早く大きくなることが可能です。小さいものをとり逃しても、ビルを呑めるサイズになれば勝手に回収できるため、固まったオブジェクトや車の回収を優先することでクリアできるでしょう。

バトルロイヤル

他のプレイヤーをすべて倒し最後の一つになることを目的としています。クラシックモードと違い、敵に呑まれると復活できないため、より早く大きくなる必要があります。

勝利のコツ

早く大きくなるためにはソロと同じく固定の公園や工事現場を狙うのがセオリーですが、ランダムリスポーンなため近くにない場合もあります。そんなときは近くの対戦相手のものを奪うように動き先に大きくなって対戦相手を喰いましょう。上述しましたが他プレイヤーを捕食したときのポイントは大きいうえ、バトルロイヤルモードであれば対戦相手は復活しないため有利にすすめることができます。

おすすめポイント

ワンプレイが短くペースが速い

Hole.ioは一度大きくなり始めると加速度的に大きさが増していきます。特にビルを飲み込めるくらいに成長すると車程度しか飲み込めないプレイヤーもろとも吸い込むことができ爽快です。

課金要素がスキンと広告のみ

Hole.ioはプレイ終了時に広告が挿入されます。課金(460円)により消去することが可能です。スキンも購入が可能ですが、スキンは特定の条件をみたすことで解放が可能なため、広告のみ課金してミッションをこなすのがおすすめです。

ローカル対戦対応

Hole.ioはオンライン対戦が存在しませんが、blue toothを使用したオフラインローカル対戦には対応しています。そのため、友人との旅行に行ったときに軽く対戦するゲームとしては非常におすすめです。その時のためにスキンを集めておきましょう。

残念な点

オンラインプレイ非対応

Hole.ioはオンラインプレイに対応していません。プレイ画面にはさまざまな名前が表示されていますが、すべてNPCとなっています。プレイヤーキルやリスポーンキルがやりやすいゲームでもあるのでNPC相手であれば気兼ねなくできるという気持ちがある一方、肉入りのプレイヤーとも対戦したいという想いもあるので対応が待たれます。

操作感がやや悪い

視点移動ができないためどこになにがあるかはぱっと見で把握しづらいです。マップが固定なので何回かやれば理解できますが、直観でプレイしているときはやや不便に感じました。

また、ものを吸い込む際に動いていると建物や木が横倒しになってしまい回収できなくなるということがおこります。そのためいちいち止まらなければいけません。ゲーム性としてはいいのですが、同じ操作性を持つ塊魂はぶつかった瞬間に吸収できるため、塊魂既プレイの人は注意が必要です。

塊魂について

ここまで読んでくれた方の中には塊魂は歌は知っているがプレイしたことのないという人もいるかもしれません。もしそういう方がいてこのゲームが面白いと感じた方にはぜひ塊魂もプレイしていただきたいので軽く紹介しておきます。

概要

塊魂(かたまりだましい)は2004年にナムコ(現バンダイナムコ)から発売されたプレーステーション2向けのソフトです。塊を転がしていろいろなものを巻き込んで大きくし、基本的にはそれを空に浮かべて星にすることを目的としています。

Hole.ioははじめから人が吸い込める大きさですが、塊魂は消しゴムを巻き込める程度の大きさから始まり最後には星や銀河系を巻き込むことができます。Hole.ioのソロモードが楽しいと思った方は絶対に楽しめるためおすすめです。

現在ニンテンドースイッチより「塊魂アンコール」が3520円(税込み)で購入できます。2011年以来、実に8年ぶりの新作であり値段も手ごろなためおすすめです。

気になった方はぜひプレイしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Hole.ioは塊魂ライクな他とは一風変わったゲームを無料で楽しめるところが最大のメリットと考えます。塊魂を過去にプレイしていた方はもちろん、こういったゲームをやったことのない人の入門用のアプリとしても非常におすすめです。プレイし手見て面白いと思った方はぜひニンテンドースイッチ発売の塊魂アンコールもプレイしてみてください。値段的にも絶対後悔はしません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。