おすすめ記事

シリーズ既プレイで初期でやめてしまった人に向けた、今更はじめる「ガンダムブレイカーモバイル」について解説

概要

「ガンダムブレイカーモバイル」は2013年にバンダイナムコゲームスよりPS3で発売した「ガンダムブレイカー」シリーズの最新作です。近接武器、射撃武器、頭、胴、腕、足、バックパック、シールドの好きなパーツを組み合わせて、自分だけのガンプラを作って動かすゲームとなっています。当記事ではそんな「ガンダムブレイカーモバイル」を、リリース当初にやめてしまったあるいはシリーズ既プレイだが敬遠している人に向けての記事となります。初めての方でも何となくわかるよう解説は入れておきます。

おすすめポイント

既プレイの方に向けてガンダムブレイカーシリーズとの相違点などを交えながら筆者がおすすめできるポイントを述べていきます。興味のない項目は読み飛ばしていただいて構いません。

ガンダムシリーズの新しいパーツやマニアックなパーツが使える

ガンダムブレイカーの魅力はなんといっても自分だけの「俺ガンプラ」を作ることができる点につきます。その中でシリーズ最新作である今作は従来シリーズに比べ新規パーツを多数収録しておりカスタムの幅が広いです。またソーシャルゲームである以上、イベントが存在するため、マニアックな機体パーツのピックアップなども行われています。

操作性がシンプル

操作性はスマホゲームに特化しており、タップとボタン操作で快適に機体が動かせるようになっています。アクションゲーム慣れしていない方でもスタイリッシュに機体を動かすことが可能です。従来シリーズと違いコンボで複数体を倒す無双ゲーというよりは、敵の攻撃をよけながらスキルのタイミングを考えつつ戦うといったプレイフィールとなります。EXスキルなどは従来シリーズと比べてキャラ特性(ラストシューティングなど)を色濃く反映したものが多く楽しめます。また、本作にはセミオート機能とオート機能の2つのオート機能があります。ソーシャルゲームなためこの機能は周回に役立つためいいですね。

オート機能とセミオート機能について

オート機能はその名の通り自動で戦闘を行います。セミオート機能はオート戦闘は行いますが、EXアクションとリミットバーストを使用しません。育ってきた際の時間短縮や任意でEXアクションを打ちたいときに重宝します。

ストーリーがしっかりしている

ガンダムブレイカーシリーズは毎回ストーリーがあります。今回のストーリーは学園青春もののため、設定としてはnewガンダムブレイカーと似ています。しかし舞台としては部活に所属しているものの課外活動がメインのためガンダムブレイカー3のストーリに近いと感じます。行き過ぎてちょっとくさいくらいのアツい青春ストーリーはガンブレの魅力だと思います。

パーツの入手方法について

さて、ガンダムブレイカーシリーズの魅力は好きなパーツを組み合わせて、自分だけのガンプラを作成することにあります。しかし最新作の媒体はソーシャルゲームのため、主な入手法はガチャとなります。その部分で敬遠している方に向けてパーツ入手のための手段を詳しく解説していきます。

ガチャ

このゲームのガチャは大きく分けて以下の種類があります

ガンプラパーツガチャ

ガンプラパーツスタンダードガチャ(恒常)、ピックアップガンプラパーツガチャ、イベントガチャ、ステップアップガチャなどの種類があります。

要するにガンプラを構成するパーツのみが排出されるガチャです。リセマラをする場合やとりあえずガンプラパーツがほしい場合はこの種類のガチャを回します。ソシャゲである以上キャラの性能差や当たり外れはありますが、ガンダムブレイカーシリーズであるため、今から始めようと思った場合は好きなガンプラが排出されるガチャを回すとよいでしょう。こだわりがなければリセマラのおすすめキャラが一つでもでたら開始でよいと考えます。

AIパイロットガチャ

ガンダムブレイカーモバイルにはAIパイロットと呼ばれるシステムがあります。前作におけるビルダーズパーツのような立ち位置で、ガンプラにつけることでガンプラの性能を上げることができる補助パーツのようなものです。そのため、序盤にこのガチャやパイロットが混ざっているガチャを引いてしまうと、パーツを集める効率が悪くなってしまうため、推奨しません。もちろんこのパイロットを乗せたい!といったこだわりがあれば、引くのもよいでしょう。

フレンドポイントガチャ

フレンドポイントを使用して引くいわゆる無料ガチャです。低レアリティが排出されますが、一日無料で10連が引けるため序盤のうちは引いておきましょう。

基本的にはほしいパーツのピックアップガチャがあれば回すといった方針でよいでしょう。創快祭(便利キャラのピックアップ)などがある場合は優先して回すとよいです。

ブレイクアップシステム

ブレイクアップとはパーツ名と属性とレア度が一致しているパーツ3つを使うことで同パーツをランダムで獲得できる機能です。

要するにダブったパーツ3つで同じパーツを再抽選できるシステムとなります。ただしこの機能はレア度4以上、つまりガチャのレアのパーツでしかおこなえないため、ピックアップを回しまくってダブってしまった際の救済機能となります。素材として食わせるしかない、他のソシャゲと比べるとうれしい機能ではあります。

覚醒機能

従来の戦闘中の覚醒ではなく、パーツのレア度を引き上げる行為、機能のことを指します。覚醒にはミッションやクエストの攻略により入手できるキャピタルの他、覚醒回路というアイテムが必要です。覚醒回路はイベント報酬やミッションの報酬コイン交換で入手できます。

好きな機体のレア度を引き上げられる機能はカスタム要素の強いゲームではうれしい機能ですね。

コイン交換

プラチナコインやアリーナコインと呼ばれるモードプレイによりもらえる報酬によりパーツを交換することができるシステムです。交換できるパーツはその時々で異なりますが、ほしいパーツがある場合はプレイすれば確実に入手できる手段となります。上述の覚醒回路の交換なども可能です。

チケット交換

イベント期間中限定ですが、継続ログイン・イベント参加により恒常☆4パーツを確実に交換することができるキャンペーンも開催されています。バエルなど人気の高い機体も交換内容に含まれており、単純に確定で狙った部位を入手できるキャンペーンはうれしいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単な記事にはなりましたが、ガンダムブレイカー既プレイヤー一番のネックになっている部分はガチャがあるスマホゲームという部分だと個人的に考えています。なのでその部分にフォーカスを当てて記事を書きました。

シリーズはプレイしていたもののリリース開始直後にプレイし、機体排出率や好みのガンプラを作る難易度の高さに絶望しやめてしまった人も多いと感じます。現在はピックアップも頻繁に開催され、ガチャのためのコインも初期のころに比べれば比較的多くなっており、上述の確定入手キャンペーンなども行っており初期よりは遊びやすくなっています。プレイすればガチャは割かし引けますし、微課金すれば快適にパーツを入手(とはいえ一部位を狙うと地獄を見ますが)できるくらいにはなっていますので、是非この機会に今一度、ガンダムブレイカーモバイルを遊んでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。