おすすめ記事

ドコモユーザーもそうでない人も必見!動画配信サービス「dTV」のメリット・デメリットを徹底解説

概要

dTVとはエイペックス通信放送が運営する動画配信サービスです。サービス名からドコモユーザーしか使ってないサービスと思われがちですが、だれでも利用可能です。当記事ではそんなdTVが他社の動画配信サービスと比べて何が優れているのかを解説していきます

メリット

コストパフォーマンス良好

dTV最大のメリットは月々の料金が500円(税抜き)ということです。他の配信サービスと比べても最低価格帯となっています。初めて動画配信サービスを利用する方やなるべく安いお金で海外コンテンツを見たいといったかたには非常におすすめとなっています。

またドコモユーザーであれば、多彩な専門チャンネルが見放題のサービスであるdTVとのセット割りやスポーツ試合映像を楽しめる「DAZN」とのセット割りをお得に利用することが可能です。

作品数・コンテンツの種類が豊富

dTVの作品数は12万本ととでも多く、月額約2000円のU-NEXTと同等の作品数を誇ります。またジャンルも多岐にわたり、ドラマやバラエティなどをはじめとした、オリジナルコンテンツの配信もおこなっています。

オリジナルコンテンツあり

他社の動画配信サービスであればオリジナル番組やドラマなどを提供している中、dTVで特徴的なオリジナルコンテンツは漫画の配信です。漫画に声優さんがアテレコをしており、アニメのような感覚で視聴をすることができるコンテンツになっています。

また、FOX作品(アメリカのTVチャンネル)を追加料金なしで視聴することが可能です。U-NEXTやNetflixもFOXチャンネル等の海外チャンネルを提供していますが、この価格帯でFOX作品を見られるのはdTVのメリットといえるでしょう。(筆記現在foxチャンネル配信は終了しています)

またライブ映像など変わった作品が多いというのもdTVの特徴といえるかもしれません。

トライアル期間あり

dTVでは31日間のトライアル期間を設けています。他社と同等に無料期間が長く設定されており、dTVが自分に合っているかを十分に試すことができるといえるでしょう。

ポイント制度あり

dTVには有料コンテンツがありますが、利用料金100円につき1ポイント付与されます。このポイントは月額料金にも付与されるため、毎月5ポイントずつたまっていきます。

このポイントはドコモでしか使えないということはなく、提携している店舗やサービス全体で使用することが可能です。微々たるものとはいえ、月額料金が安くポイントもたまっていくのは他社にはない利点といえるでしょう。

ダウンロード機能あり

他社と同様にdTVにも専用アプリがあり、端末に動画をダウンロードすることが可能です。ただしすべての動画がダウンロード対象となるわけではないので、注意が必要です。

デメリット

対応端末が他社に比べて少ない

昨今の動画配信サービスは家庭用ゲーム機での再生ができるものが多くなっている中、dTVは対応していません。dTVをテレビで楽しむためにはChromecastやAmazon fire TV stickなどの機器が必須となります。

異なるデバイスでの同時視聴不可

Vでは1つのアカウントにつき、5つのデバイスを登録することができます。しかしそれらのデバイスでの同時視聴はできなくなっています。なので家族や友人とシェアしたい、といった場合には他社の動画配信サービスを利用するとよいでしょう。

とはいえ、この価格帯の動画配信サービスはどれも複数デバイスでの同時視聴はできないため、仕方ないところではあるかもしれませんが。

ダウンロードした動画でも視聴前にオンライン認証が必要

動画のダウンロード後48時間経過してしまうと、再生前にオンラインに接続し、認証を行う必要があります。ダウンロードではないのでギガは消費しないとはいえ、ひと手間挟まなければならないのはデメリットといえるでしょう。また配信停止した作品をダウンロードしていても停止した瞬間から(認証があるため)見られなくなるのも難点ですね。

全体作品数に比べて見放題作品が少な目

dTVには有料コンテンツがあります。特に海外の最新作などは課金が必要なものが多く、見放題作品の量のみをみるとやや物足りなく感じる場合があります。最新のコンテンツを多く見たいという方は別の動画サービスを検討するのもよいかもしれません。

大画面での画質の低下

ネット経由かつ、大画面で視聴すると画質が荒くなる場合があります。

dTVはSD、HD、フルHD、4Kの4つの画質に対応しています。どの画質を選択できるかは使用機器と作品によって変わりますが、SD画質(DVDと同等)でTVでの視聴などの場合画質が荒くなる場合があります。アクセス集中などによりインターネットが低速になるとおこりやすくなります。ダウンロードで回避することが可能ですが上述の認証があるうえ、ダウンロードの手間もかかってしまうためデメリットといえるでしょう。

登録方法

では実際に31日間トライアルを始める手順を見ていきます。

1.dTV公式ページトップの「31日間無料おためし」をクリック

2,dアカウントを作成、もしくはログインを行う

3,支払い方法を選択し「確認画面」へをクリック

4,利用規約に同意し、「申し込みを完了する」をクリック

5,手続き完了画面がでて利用開始となります。

ドコモユーザーは支払いをケータイに合算することが可能です。

解約方法

では解約手順を確認していきます。

1,dTVにログインしページ上部の「メニュー(横三本線)」をクリックし、「アカウント」から「退会」をクリック

2,退会画面で「利用規約に同意し、解約する」をクリックします。

3,「手続きを完了する」をクリックすれば解約手続き完了となります。

なお無料期間は退会した瞬間に終了するため注意が必要です。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

作品量、コストパフォーマンスは他社とくらべてトップクラスですが、2000円弱のサービスと比べるとかゆいところに手が届かない印象を受けます。とはいえ、海外コンテンツ・アニメ系統が目当てで月額安く利用したい方には非常におすすめとなっています。無料期間もあるため、見たい作品がどのくらい見られるのかを無料期間中に確認し、そのうえで使用するかどうかを決めるのが一番無難だと考えます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

メリットデメリットまとめ

メリット

・コスパ良好でかつ、海外作品などのコンテンツ数が多い。

・ライブ映像や漫画の朗読などユニークなコンテンツが楽しめる

デメリット

・ダウンロード作品の認証が必須などかゆいところに手が届かない

・有料コンテンツの比率が多く、目当ての作品が無料で見られない場合がある