おすすめ記事

スポーツ系特化動画配信サービス「DAZN」を他社と比較しながらメリットデメリットを徹底分析!

概要

DAZNは英国に本社を置く、スポーツ映像配信サービスの企業です。130以上のスポーツコンテンツ&年間10,000試合以上 いつでも、どこでも、好きなデバイスで見放題のサービスとうたっています。当記事ではそんなDAZNのメリットデメリットを他社と比較しながら分析していきます。

メリット

スポーツ特化の配信サービス

DAZNは130以上のスポーツコンテンツが見放題のサービスです。放送されているスポーツはサッカーや野球、バスケなどをはじめモータースポーツやサイクルロードレース。ダーツ、ビリヤード、ヨットなどのテレビでは放映されにくいスポーツジャンルまで取り扱っています。また試合内容もマイナーな試合から世界大会などのグローバルレベルな大会まで幅広く取り扱っています。

同じスポーツ見放題VODサービス中でコスパがよい

DAZNは月額1750円(税抜き)で利用できます。他の動画配信サービスを利用している方は少し高いと感じるかもしれません。しかしスポーツ特化の他社と比べるとスカパー!(スポーツセレクション)は月額2700円、WOWOWは月額2300円となっておりかなりやすいことがわかります。さらにドコモユーザーの契約であれば月額980円、dTVとのセット料金でも1280円となっておりかなりコスパが高いです。

スポーツ観戦に特化した機能

DAZNには「スポーツライブ中継」「見逃し配信機能」「ハイライト再生」など様々なスポーツ観戦にうれしい機能がついています。動画配信サービスは視聴がいつでもできるという心理が働き、あまり利用しないということがおこりがちなのでテレビ番組などと同じようにライブ中継などが見られる機能はあるとうれしいです。また見たかった試合をうっかり見逃してしまった際に見逃し配信機能は重宝します。またこの機能は他社では1週間程度の配信であったりしますが、DAZNの配信期間はおおよそ30日間あります。さかのぼって見られる日数が多いのは単純にうれしいですね。

またDAZNの見逃し配信には「ハイライト」というボタンがついています。この機能は試合の見どころをピックアップして数分にまとめて楽しめる機能です。興味が薄いジャンルでも少し見てみたい場合や時短など様々なニーズで使用することができる機能であり、この機能だけでもDAZNを選ぶメリットとなるでしょう。

有料コンテンツなし

昨今のVODサービスは一部レンタル作品があったり、有料チャンネルがあったりしがちですが、DAZNは有料コンテンツなしすべてのコンテンツが見放題となっています。見たい試合があるけど有料、ということがないので好きな試合が見れるのはメリットといえるでしょう。

対応デバイスが多い

DAZNはiOS端末、Android端末、PCをはじめ家庭用ゲーム機やAmazon fire TV stick、Choromecastなどを用いてテレビの大画面で視聴することも可能です。TVにつなぐための手段は他のVODサービスと比較して多いのもメリットです。とりあえず流しておきたい場合や家族・友人と一緒に見るなどの用途では便利な機能ですね。

一つのアカウントで2台まで同時視聴が行える。

DAZNは一つのアカウントにつき2台まで同時に視聴することが可能です。ドコモ会員料金での価格帯だと同時視聴できる動画配信サービスは少なく、友人や家族とシェアしたい人や複数のジャンルを同時に見たい人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

動画ダウンロード機能がない

DAZNには動画のダウンロードの機能がありません。正確にいうと今は実装の試験段階でアプリを入れたユーザーからランダムで機能が使える状態になっています。外出先で動画を見る際、ダウンロード機能がないとデータ通信料を気にしてしまうのでデメリットといえるでしょう。一応専用アプリのインストールを繰り返すことで確率で試験運用ユーザーに選ばれることがあります。しかしながら、ユーザーに選ばれた場合でも、ダウンロード機能は試験段階のためやや不安定であること、対応している動画としていない動画があることはデメリットといえます。今後本実装されれば便利になることは間違えないでしょう。

画質があまりよくはない

DAZNは画質の面では他社のVODサービスに劣ります。リアルタイム配信、加えてスポーツジャンルということを加味すると仕方ない部分ではあるとかんじます。画質が極端にわるくなる、画面のロードが頻繁に挟まるという口コミをききますが、これは自身のWi-Fi環境などによるところも多いため一概にDAZNのせいとはいえません。とはいえ他社の場合はダウンロードで対策できるため、当機能が実装されていないDAZNのデメリットといえます。

登録方法

それでは登録方法を確認していきましょう。

1,DAZNトップページの「まずは、1か月お試し¥0」、ドコモユーザーであれば「ドコモユーザーはここから」をクリックします。

2,アカウントの作成のための個人情報を入力します。

3,決済方法を選択します。

4,入力した後「視聴を開始する」をクリックすれば登録完了となります。

ドコモユーザーの方は手順1で「ドコモユーザーはここから」を選ばないと割引が受けられないため注意が必要です。

解約方法

続いて退会手順を確認していきます。

1,DAZNトップページにログインし、ページ上部のメニュー(三本線)からマイアカウントを選択します。

2,退会するを選択し、退会理由を記入した後「退会します」をクリックします。

3,退会確認のメールが送られてくるので退会完了となります。

無料期間内に退会すれば料金はかかりません。アプリからの退会はできないためPCまたはケータイ端末のブラウザ経由で退会処理を行いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

総評としてスポーツ番組見放題サービスの中で選ぶならばコスパ、機能ともにDAZN一択と考えます。ダウンロード機能や通信の不安定さなどは今後改善していってもらいたい点ですがそれらを差し引いてもおすすめのサービスです。スポーツを中心に他のものも見たいという方にはdTVとのセットパックがおすすめです。特にドコモユーザーならばよりお得に利用することができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。